06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
バリモンのパンテーラを組み上げてくれや「カウンタック」(梅澤春人)11
2008/03/05 [Wed]09:43
スーパーカーをカッコよくみせるために、作中の時間の流れや漫画的なテンポすらも後回しにして疾走中。
エンジンをかける手順、やむをえずの押しがけまでこまかーく、描いている。というか後者はすでに漫画というよりカウンタックうんちく描写に近い。エッセイみたいな。
記念撮影のシーンなんて、誰目線なんだかわからない。漫画、フィクションなんだけどすでに空山と世界を共有しているような読ませ方なのかもしれない。スーパーカーのデータや情報はリアルに基づいてるし。

カウンタック2台だけのサーキット走行、決着編。カウンタック2台と3人だけかと思ってたら、ひょいっと計時のスタッフが出てきた。当然、サーキットに本当に3人だけってのはないんだけど、占領してるような感覚で読んでいた。
空山のヒーロー性は女児までも虜にして、前巻でにおわせた早乙女ちゃんとの関係には進展なし。ま、全体でクルマ優先なので人間関係はオマケに見えてしまうのだが。

基本的にはライバル車とのバトルを核に短めのエピソードが続いてるから、あとで文庫やコンビニ軽装版になったさいにはサブタイトルで整理できそうだ。

というわけで11巻は大阪からフォードGT乗りがやってきたところまで。多額の借金もクルマで解決。思えばアスリート精神の生き届いた世界だな。麻雀漫画に近いのか?

なんだかだここまで読んできているので、ゆったり付き合うつもり。情報漫画なんだけど展開や描写がカッコよくて洗練されてるから、題材への興味はともかくケーススタディとして体験しているところもあるなぁ。
空山のダサいところをもっと読めたら、ヒーロー漫画としてアゲサゲが楽しいと思うんだけど。



→10巻の読みログ
ヒールがマンホールの穴に「カウンタック」10

カウンタック 11 (11) (ヤングジャンプコミックス)カウンタック 11 (11) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/02/19)
梅澤 春人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/286-9f0d28bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。