06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
でもわたしは待っている……「おろち」(楳図かずお)3-4
2008/04/11 [Fri]19:21
愛蔵版で、後半をようやく買った。2年遅れだが、実写映画は今年公開になったみたいだし、ちょうどよかったか。
実写は姉妹モノの「姉妹」と「血」だとか。


覚える感想としては1-2巻と変わらないのだが、これで「完」となると、不思議な、古典的な表現だとキツネにつままれたような。

描かれた時代は69-70年。「戦闘」では復員兵がお父さんとなって、戦争の影を引きずった世であることが根幹にある。
でも、おろちの生きている時間は人間のそれとは大いに違うので、あまり時代とか関係ないか。

人生を賭けた復讐譚が多く、人間の気持ちに時効はないし、法律の適用も難しい。
因果応報とか正義を感じつつも、その執念の異常さにはそのまま移入できない。理屈はわかるが、お前もおかしいような・・・と読み手の心は引き裂かれる。

で、どっちがどうとか、おろちはいまいち介入しない(特に3-4巻は)。作品としてジャッジしない。
「ただみている」「みなくてはならないから」
読み手はおろちの視点に重なることで、ゴロンと転がる悲劇や死を見つめる……。
怖いとか嫌だとか許せないとか、負の感情がキレーにデッサンされてて、それを見て「ほほう、怖いですね」とか思っちゃうような。
妙なホラー漫画だ。ああ、ジャンル分けしちゃいかんよな。

で、そのゴロンとした現実を見つめるおろちを、描いてる作者ってのはどんな風に世間を見てるんだろうな。
描いてるときと、その目は変わったのか。

ただ縞々なのか、なんてね。

コレ描いた本人の方に恐怖を覚える。


→1-2巻の読みログ
わたしは石のようにそれを見守った「おろち」1-2 

おろち 3 (3) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)おろち 3 (3) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)
(2005/12/26)
楳図 かずお

商品詳細を見る


おろち 4 (4) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)おろち 4 (4) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)
(2005/12/26)
楳図 かずお

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/313-77323b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。