04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
冗談のサービス期間中です「24のひとみ」(倉島圭)3-5
2008/04/17 [Thu]09:13
嘘つき教師と純朴な生徒(変態やアホも含む)やその家族、いや社会全体との不毛な舌戦ギャグを最新巻まで読んだ。
テンポがいいとはいえ、一気読みはとてもできずにちょいちょいと。
悪い意味じゃなくて、トイレにいいかもしれない。

5巻にまで進むと、キャラも多層になってきて、「いつもの嘘つきギャグ」にいいテンポができているような。
Mっけのある変態男子の岡野くん、とことんバカで嘘を嘘とも思えない渡辺さんなんかは、嘘ギャグの基本を動かしちゃうキャラだけど、使い方次第ではという。
保護者たちは手ごわくてあからさまな嘘には騙されないシラケキャラもいる。そこでガッチリ食らいついて嘘をつきとおすひとみ先生がカッコよくすら見えるぞ。

絵も見やすいし、なんだかどんだけでも続けられる素地ができてしまった。どうなるんだ。


単調ではあるが、飽きないのは会話だけのギャグじゃないからでもある。
「メグミックス」からの、絵、背景の急変を使った手法もさらに進化したのではないか。1-2巻のこと、すでに忘れてるけど。
「警察もおすもうもてっぽうを」という背景にフグが描いてあるような、そんな小ネタも潤沢だ。
隙間があれば(くだらない)ギャグを入れる情熱。徹底ぶり。これ続けるの大変だよ。


「三股がどうの」というコマで「サンマ」と思われる背景だったり、
「食べるか!!」のツッコミで跳んでたり。(跳べるか?)

じゃあ「聞きませんから」のツッコミで木になってるのはどうなんだ。
「振りおろすんです」へのツッコミは不動明王なのか?
「いい加減にしてくれ!」の背景は焼き打ちっぽくて「火加減」なのか、ひょっとして。

という、小ネタ探しの深読みが始まってしまうのだった。こっちの勘違いも大いにありそうだが。


24のひとみ 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)24のひとみ 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)
(2007/06/08)
倉島 圭

商品詳細を見る

24のひとみ 4 (4) (少年チャンピオン・コミックス)24のひとみ 4 (4) (少年チャンピオン・コミックス)
(2007/10/05)
倉島 圭

商品詳細を見る

24のひとみ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)24のひとみ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/02/08)
倉島 圭

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/317-c2414b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。