05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
キンピラゴボウもうれしい「孤独のグルメ」(久住昌之・谷口ジロー)
2008/04/18 [Fri]09:46
なんだか面白いと以前から評判で、ネットやらで感想を読んでしまうとすでに満足した感があったんだけど、実際に読んでみても面白い。

ほかのグルメ漫画が能書き重視だけに、この漫画の素朴さがいいと。
それは漫画内で喜ばれてる、ふらりと入ったところで飯がうまかった感触に近い。
(なので、評判をもとに期待しながら読んじゃうのは、本来ではなかった。もっと早く読むべきだった)

どんなに食にこだわりがあっても、ランチには時間と場所の制限がある。
夕食、その後の仕事に差しさわりがないように腹を満たす。ガソリン補給に近い。
こだわってられないけど、どうするかなーと。ああ、あるある。
自分も個人の自営業なんで、ランチタイムはたいてい孤独だ。出かけてたりすると、行きつけでもない店に入らざるをえない。状況に共感する。

んで、店にも食材にも媚びない。
今日はうなぎだ、わーい。・・・なんて小さなことで喜ばない。
飯は飯で、そこでうなぎを食いたかったどうかのほうが重要。食事よりも常に自分が上にいる。
鰻や寿司、焼き肉をランチに食って、気分をアゲようってのは、わかるわかる。
万世のカツサンドと缶コーヒーで満足したりな。いいんだよ飯はそういう満足で。毎日はなんだが。行く先のその時間に満たされればそれでいい。
満腹になっちゃえば、げふーで終わりだ。

また気持ちいいのは主人公がよく食うこと。食い足りないくらいなら食いすぎたい人。
自然食の店でカレー大盛り追加したり、回転寿司でつい11皿頼んだり。
焼き肉で注文が止まらなくなったり、コンビニで2000円近く買い込んだり。
よく食うなぁ。でもどれも、やってみたいタイプの豪快ランチだ。ここに小さな夢があるよ。
(書いてて自分の食の細さとケチぶりがいやになるな・・・)


と、やはり名作でしたというだけの感想。
いやしかし、脱いだら筋骨隆々とか、女優とパリで恋してたとか、やはりアンタも漫画キャラかと思う端々もあるんだが。
まぁ、よく食い、能書きを垂れないところとあわせて、昔ながらの強い男性像ってとこかな。
仕事も自立してやってるし。


孤独のグルメ (扶桑社文庫)孤独のグルメ (扶桑社文庫)
(2000/02)
久住 昌之、谷口 ジロー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/318-1879e4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。