10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
第二部再開を心して待て!!「夕刊赤富士」(唐沢なをき)上下
2008/04/23 [Wed]11:16
夕刊フジに週刊連載されていたという不定形漫画の単行本。古書店で発見。
連載は92-93年で、扶桑社から単行本で出たのが94年。これは01年のエンターブレイン版。

もともとが新聞見開きに多様なサイズと流れの漫画がいくつも詰め込んであったものなので、単行本のページにうまいこと収まってない。
ページ的なものもあれば一コマも四コマもあり、横長縦長、コメントカット、一行小説などなど。
その不定形も含めて楽しめる。唐沢なをき漫画は自由であればあるほどいい。
できれば新聞見開きのレイアウトも縮刷で入れておいてほしかった。
(その意味で扶桑社版が気になる)

ネタのバリエーションも豊富で、通しで出てくる「もぐらOL」はじめいくつものシリーズをまとめ読みしている満足感は高い。とても高い。
ほかでも読んだことがある「旗本ダイエット侍」(好き!)もあるし、思い出したように「爺マン」、デ落ちだけど引っ張る「ZINSEYの冒険」、作者が疲れた時は「カメレオン男」。
小ネタで遊ばせたら天下一品の唐沢漫画に、かなり適した誌面だったのではないか。

個人的にはこういった小ネタ大量投下の作品は大好き。作者は描いててしんどいのだろうけど。
最高傑作はいまだに「からまん」だと思っているし、週アスの「電脳なをさん」も毎回飽きない。
漫画誌ではアイデアを膨らませて世界やシナリオが広がっていく長編をやるんだけど、作風の真骨頂はコッチではないか。
花火の形態模写を漫画でとか、ハンバーガーが養殖ものでしたとかさ、ほかに誰がやるんだよ。しかもうまい。面白い。


そうだ。
ストライプマンのみちあきは、どっかで読んだような。ほかにもデジャヴが?
部分的に再録されてるのかな。

いい買い物をした。新刊で買うべきだったな。

夕刊赤富士 (上乃巻) (Beam comix)夕刊赤富士 (上乃巻) (Beam comix)
(2001/03)
唐沢 なをき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/322-a16fc126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。