09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ノーネームの逆さ綴りよ「おもいでエマノン」(鶴田謙二・梶尾真治)
2008/06/04 [Wed]09:40
タイトルに聞き覚えはあるんだよなー、なんだっけかなーと思い、購入。鶴田謙二なら大丈夫だろうと。

で、読んで思い出した。梶尾真治だ(表紙に書いてあるのに)。帯には「鶴田謙二5年ぶりのコミックス」とあるが、原作は古いよな。そしてシリーズにもなってるという。自分のかすかなSF知識ではここまで。

エマノンと過ごした数時間(濃厚)と、エマノンが知っている30億年(超絶)と、エピローグ部分での13年(感傷)。
全然違う時間をいっしょに感じさせることで、短くも壮大に読める。鶴田謙二のエマノンが無言で表情くるくるさせてるのも面白く、数時間の濃厚さを演出してる感じ。主人公の普通なところもいいね。
シーンとしてはフェリーの中、内容はエマノンの精神年齢を巡る、解決も満足もない会話。考察。こんだけ乾いたシーンを生き生きと(妙な派手さもなく)。
てか、男だとエマノンかわいーなーってだけで読んじゃうよな。
化粧っけはないソバカス顔に黒のロングヘア、ざっくりジーンズ、雑魚寝上等の身近さ。2人でちょっと出ましょ、というお誘い。どんだけ文化系殺しなんだ。

「タバコ吸うと記憶力が減退するっていうし」という、自分が「喫煙女性は苦手」ってだけなのにウンチクから入ってしまう理屈っぽさはSF読者の姿なのかな。

記憶が30億年も遺伝してきて、唯一のものだとすると、ええと、自殺したら途絶えるわけか。自殺はしなくても交通事故とか病死とか。
どっかのニュースで記憶が消えなくて困ってる女性がいたと思うが、30億年分となるとまた悩むとかを超えた記憶になるのだろうな。考えても無駄だってことを知ってたりするんだろう。

いろいろは考えずに小さなエマノンもかわいー、でいいか。気になったら原作小説も読めばよろしい(自分に)。

おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)
(2008/05/20)
梶尾 真治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/346-760c03d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。