05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
いかなる世界のいかなる場所か!!「万祝」(望月峯太郎)10-11
2008/06/19 [Thu]11:51
9巻末でラスボスのスズキが倒れたことになって、諸問題は残しつつも最終章、大団円の完結巻。ギリギリまとめて太い10巻でもよかったと思うんだが、なんでだろ。売り上げのためではないと思うから、リズムとしての区切りかな。
正直、一巻から読み続けていて、こんなにまともに終わるとは思ってなかった。

夏休みをまるっと使った冒険を経て、先生は厳しい現実といっている世界がキラキラと見えるようになった。
なんてキレイな成長物語。宝は持ち帰れなかったけどもっと大事なものが、とは、もう児童文学の王道のような。これ、ヤンマガだよね?と思わず確認。
フナコは世界への関心を取り戻し、カトーはトビミズチとの戦いで自分を取り戻した。で、二人の目線は次の冒険へと。

最初のころのカトーはデロリアンで乗り付けて登場し「サングラスは俺の顔の一部」「風呂でも外さない」とか言ってたイタい奴だったはず。海賊風のマントにこだわり、銃撃で穴が空いたら「夜なべでつくろう」とかの、なんつーか海賊らしさを現代に持って来たら笑えるね、という役割もあったと思うんだが、海賊バンクでの冒険でホンモノの海賊になりあがってしまった。
スズキの処分の仕方はまさに海賊流。ごっこ遊びじゃないぜ、マジもんだぜ。非道! そこがカッコいい。
カトーの自分探し、大成功だ。読者に納得させた点も含めて。

フナコは自分じゃなくて対峙する世界を見つけた感じなので、カトーの一歩手前。
じゃあ読んでる側はってと、フナコやカトーや海賊たちの行動を「ギャグでしょ」と流し、「うわ結構、本気だ」「マジお宝ー!欲望むき出しー!」なんて距離を置いて読んでいてしまうとだ、フナコにすらなれないのだ。
一緒に冒険するにはカトーのデロリアンをカッコいいと最初から思える純粋(にバカ)な感性がなきゃな。

海賊たちもルチャマスクや骸骨の衣装なんてのはギャグだと思ってたが、航海が始まればそういうものに思えてくるし、スズキの伏線にもなるし、漫画読んでたのになんで俺はギャグだのホントかよだの思ってたんだろうと気付く次第。

面白かった。いい漫画だ。
カトー、最初はバカにしててごめんなー。カッコいいよカトー。

万祝 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)万祝 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/06/06)
望月 峯太郎

商品詳細を見る

万祝 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)万祝 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/06/06)
望月 峯太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/353-9d937dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。