08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
次の満月の夜、ジャブローが開く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 愛蔵版」(安彦良和)4
2008/06/30 [Mon]10:44
愛蔵版ではようやくジャブロー編。連載の方は佳境(いつでも佳境みたいなもんか)で、終わりが見えてきた。
表紙はシャア専用ズゴックだが、流れ的にドムじゃないの? ここで出さないとズゴックは出てこないんだっけか。

テレビアニメ版の記憶がほぼ残っておらず、劇場版で上書きされてるのでシーンによってテレビ準拠なのかオリジナル部分なのか、わからない。
でもマチルダ結婚式妄想、シャアとセイラの再会あたりの、多くの人が一枚絵で覚えているシーンはそのまま出てきて、ファーストガンダムの記憶として上書きされていく感じだ。
リュウ、マチルダの死が重なって、なんかもう泣くってよりかは疲れたよって空気は映像よりも濃いような。
なんだろう、ベタ塗りの効果かな。黒の強さ。印刷はつまるところ黒方向の表現で、映像は明るさ、白方向の表現だもんなとかソレらしく考えてみたり。
あとコマの大小で緩急やズームイン・アウトを誘導されて気持ちいいとか。
生き神ってのはヨクサル調だけど、安彦漫画の流れは好きだなーと強く実感した。


人物が増えたぶん、コマ数が使って、表情だけでじっ、とやりとりするシーンが印象的。
敵味方みんな人間らしく出てくる。前後の動きや性格がわかりそうなというか、突然そこにいる感じがしなくて、さすが熟成された設定世界を掘り下げてるなー。
と思えば、ジャブロー上空では雄大に飛ぶシーンを長めにしっかり見せてくれるし。
愛蔵版なんだからボリュームあって当然なんだけど、これでも2巻分だもんな。

んでもってフラウはいつも忙しい。素朴な表情から母性的な怒りまで、アムロや大人がなんだか静かに不満タラタラなのに対して自然にふるまえていてかわいい。すっかり戦場に慣れたのな、この子。
折り返しだ。
でも開戦前の話が入るんだよな。ここから、ORIGINの本領発揮。


おまけ。
リュウさんが死んでガックリしてるガンダムはなかなか面白い。モビルスーツがうなだれているとは、トニーたけざき方面からの逆流じゃないか。
ガンプラのMGガンダムVer.2.0が出たら、再現してみたいシーンだ。ガンプラはいかり肩だからダメか。

愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV    ジャブロー編愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV ジャブロー編
(2008/06/26)
安彦 良和

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/363-4089e797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。