09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
それが王の務めだ「ヴィンランド・サガ」(幸村誠)6
2008/07/04 [Fri]10:19
クヌート覚醒の巻。
アシェラッド憎しで突っ走っているトルフィンの成長しなさに対して、クヌートの裏主人公ぶりが激しい。
神も愛も実感できない戦い続きの現世で、王族ってのは人生の水先案内人か。坊主よりも権威。説教よりも抱擁。

戦士も王族も一種の自分探しが始まった。あるべき自分の姿を見つけなくてはという焦りと義務感は人と成長させるのだな。
いわゆる最近の先進国の若者がやる、ただの解放やなりゆきでの変化を求めてぶらり、じゃないなこれは。人生かかってるし。
生きているだけで罪な人間としてどう振舞うか。
バイキングの時代や世界を説明してるウンチク&アクション漫画じゃないのな、もう。

いつの時代も愛や勇気や信頼が大事だぜ的な、大雑把な人生讃歌ではないのさ。
なんのためにディテールに凝ってきたかが染みてくる。
(とはいえディテールの確かさは知らずに「ホントっぽ~い」と楽しんでるだけなのだが)

王族も戦士も、生き方にはまったく共感できない。しようがない。
時代も立場も現代の漫画読んでる人とは違いすぎる。
読者は見守って、人生の前提条件がまったく一致しないところの彼らから何かを受け取る。それしかないのな。その距離感がいい。

うわー、先が楽しみになってまいりました。

ヴィンランド・サガ 6 (6) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 6 (6) (アフタヌーンKC)
(2008/06/23)
幸村 誠

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
お久しぶりです
ヴィンランド・サガはアフタで連載を追っているので、コミックスは未購入なのですが、クヌート皇子が覚醒?し、「神は何もしない。ただ観ているだけだ」と言った台詞を吐いたときに鳥肌が立ちましたね。
連載も俄然面白くなってきています。今月号は・・・ビヨルンに合掌。
ムゲニンもえらい事になっていますね。尸良の登場で、沙村氏のサディズム爆発ですわ。
【2008/07/28 02:07】
URL | 森山ネム太郎 #Qlke00As [ 編集 ]

6巻で見方が変わりました
お久しぶりです。

クヌート、もうすっかり主人公ですよね。公人としての生き方は物語を引っ張ります。もう神の代理。強いです。

ムゲニンは漫画喫茶で過去に読んでない巻までたどり着こうとして、意外と作品内時間の進みがゆったりかもと思って安心、いやビビりました。
5巻ずつくらいまとめで追いつきたい・・・と思いつつ、記憶に任せて加賀編から集めていこうかとも。
【2008/07/28 09:22】
URL | dukimochi #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/368-d68ed4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。