09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
唐突な語り口の「カタリベ」
2007/01/09 [Tue]02:54
古書店で「カタリベ」を発見。「もやしもん」の石川雅之の漫画だってのは、表紙の顔でわかった。女性の眼がそれじゃないのと。ビンゴ。

南北朝の倭寇の時代を舞台に、こういう歴史や生活のシーンもあったであろう話。参考文献が記されてないが、「人斬り龍馬」からしてこういう歴史穴埋めが好きなのかも。「もやしもん」でもうんちく満載だしな。

あんまり題材にならないところだったし、おおこれはと思って読もうと思ったのだが説明が少なめ。歴史好きじゃないとそもそも入れない感じ。んで、突然終了する。結構ハードル高いな。

そもそも御曹司ってさ~とかな、もうちょっと。謎めきで引っ張りきれずに連載終了なのか。惜しいように思えるのは「もやしもん」で興味持ってるからで、連載時に読んでたら「わかりにくいー」で済ませてたろう。読むときののめり具合って重要だわ。

絵は今と同じくらいの情報量と丁寧さだが、書いたのは結構な前のことみたい。
もちょっと長く読みたい……んだけど。場所を動かさずにうんちく主軸で進めるのと、大がかりなシナリオ・アクションと両立させる作品が出てくるかしら。

カタリベ カタリベ
石川 雅之 (2006/03/01)
リイド社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/37-25286aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。