03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
クタラギサン…ドコデスカ…「プリンセス破天荒」(田中圭一)
2008/07/08 [Tue]10:48
というわけで田中圭一のリーマン経験活用漫画その2、ゲーム業界編。
下ネタがいつものように(Comicサイテー程度に)多く、「サラリーマン田中K一」よりも物語に起伏はないが、バカさ加減ははるか雲の上。

アートディンクで「建設重機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!!」をプロデュースした人が描いた漫画、と思うと説得力がありそうな。
「ぶちギレ金剛!!」は遊んでないけど存在は覚えてるものな。本宮ひろ志の絵のキャラが建設重機に載ってバトルする対戦ゲームというだけで大笑い。ゲーム誌の情報だけでお腹いっぱいになれた。
D3パブリッシャーの実在プロデューサーも(名前だけ)出てくるし。
でもそのうえで「サラリーマン田中K一」のようなノンフィクション度がないってのはどうなのか。
巻末にファミ通っぽい「出てきたゲームのクロスレビュー」がついてて、そこのJAMおじさんに電撃カリ坊は許可なし? 電撃はいいとしてJAMおじさんの風貌と親子ネタはいいのか。田中圭一人脈があるのかな。


ギャグ漫画としては、女性社長が主人公のようでいて、なんだか弱い。
人物そのものよりも下ネタのインパクトが優っている。圧勝。技に溺れた感があるというか…。

ギャグ先行になるのはゲーム業界の企画の世界だからかな。思いつきの良さ、突き抜け感の強さが勝負の世界だからかも。
出てくるゲーム企画は「2つのゲームを自動で混ぜる」とか「考えた理想のゲームが脳に直接」ってのばかりで、開発の工程の苦労はもうナシ!という重たさの逆転かもしれない。
でも逆ニンテンドッグスはなんだかよさそうじゃないか。「THE 子犬ライフ」ってありそうだし。

実際のゲーム業界もこんなアホな会議、打ち合わせ、試行錯誤がつまってるんだろうか。
でも開発費を使い込んでトンズラとか、外注した会社が低クオリティかつ納期破りをするくせになんだかんだ関係が続いてるのはなんでかって会社上層部と裏金の関係があったとか、そういう(ありそうな)真っ黒ネタはないのな。
それは笑えないものな。
生々しいネタは同人ゲームで儲けたら税務署が来た、くらいでひとつ。

プリンセス破天荒プリンセス破天荒
(2008/06/27)
田中 圭一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/371-abb2fb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。