07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
手のかからない子供の心の摩耗の上に「鈴木先生」(武富健治)5
2008/07/17 [Thu]09:45
自作解題の「掃除当番」から小川家の家庭訪問、そして夏祭り、夏休みへ。

学園ドラマでも不良が目立つもんな、というのはある。悪いか面白くないと目立てないのが学校社会だ。
下がった(っていうと語弊もあるが)ところで普通のことをやると上がったように見えて、ドラマになりますな。
そこに自覚的な教師漫画ってだけでも画期的だ。

「掃除当番」は、回想モードだけあって、かなり整理されている。鈴木先生の思考ドライブを楽しむ漫画なので、これまでとはちょっと違う感じ。
語りが落ち着いてるから変顔も出てこなくて、笑いどころが…と思ったらシメに麻美さんが大逆襲。
これは……漫画、変わってないか? 大丈夫か?
小川の幼少時の写真や、宮司の家系(分家だけど)って話も出てきたし、まさか小川もなにやら特殊なってことにはならないよな。そうなったらいよいよ。思考ドライブの楽しみは増すけど。

で、夏祭りではこれまでの生徒がオールスター的に出てきて、後日譚的な面も。
人間らしく感情を引きずっていて、さわやかだ。
しかし、自分の中学生時代を振り返ると、なんだか早熟で獣のような街だな。鈴木先生タウン。そんなもん? 地方によりけり?

そうだ。
夏祭りでそれこそ「普通の子」が出てくるシーンもあって、ああ、よかったと思ったのだった。
でなきゃなんのための「掃除当番」だったのかと。

鈴木先生 5 (5) (アクションコミックス)鈴木先生 5 (5) (アクションコミックス)
(2008/07/11)
武富 健治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/382-5d4af1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。