04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
この境地かぁ……「明日また電話するよ」(山本直樹)
2008/07/28 [Mon]08:54
自薦短編集。読んだことがあるのがあろうとも、装丁からしてカッコいいんだよなぁ。エロい漫画ではあるのに、なぜこんなに青春のすがすがしさがあるのか。
「泳ぐ」「テレビばかり見てると~」「肉彦くん」は確実に記憶があるな。

しかし自分も大人になったな。いまさら女性器や横乳、下乳が見えたからって喜々としない。
なんかカッコいい行為、自然な事物(そりゃ自然だけど)としてみている。
ワシも若いころは「コールド」「ぽつん」のようなごっつぁんな状況を夢想したものだわいと、つい老成しちゃった。

今は「明日また電話するよ」のような恋愛、恋人関係はカッコいいじゃないかと。
そんなもんでもあるよね的な振る舞いをよしとすると。

この、漫画なんだけど生っぽい(実写ってーか)感じ(勝手に思ってるだけだが)はなんでだろう。
線が細いからか。女性が華奢だってんじゃなくて、描線が繊細だから、風景になじんで見えるから? 現実には縁取りなんてないんだぜというか。
細くても形はよく見える。形状をうかめるギリギリの細さってことかね。
まぁ、今思ってるだけのことかもしれないが。


「アナログ温泉」のグダグダした連中は「レッド」の人たちをアホにしたような感じだが、空虚さでどっこい。「レッド」の彼らも映画をとればよかったんじゃないか。ゲバ棒じゃなくてカメラを握れと。
「レッド」2巻もそろそろ読まねばー。

明日また電話するよ明日また電話するよ
(2008/07/17)
山本 直樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/389-87423962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。