09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
コミックバウンドを思い出した「消えたマンガ雑誌」
2004/09/30 [Thu]00:03
図書館で借りたマンガ関連本。
60年代からカウントしてるから、まったく売れなかったものもあるけど、一時代を築きつつも……というものが多い。雑誌には顔とかメッセージとかが必要だなと思う。作家一人で成り立つ雑誌もあれば、混然一体とした雰囲気で読者層に広く薄く密着することもある。狙って当てられるのは前者だけだろうか? 後者を練り上げていく手法はもう、セオリーでもなんでもなくて空気を読むことと運の成果ではないかと思う。

で、思い出すのは99年だか2000年だかにエニックスから出てた「コミックバウンド」。創刊号から5号まで、律儀に買ってた自分は「これが休刊(廃刊)か!」と、その体験になんだかうれしくなった。
表紙に休刊めいたことは載っていなくて(気づかずに読んでただけか?)、「なんだか今回は最終回だらけだなぁ」と思いながらページをめくっていたらやっぱり休刊だったという、騙されたような感覚を覚えている。2話掲載してまで最終回にしてる作品(「ボロブドゥール」もそうだった)があって、ようやく気づいた自分もどうかと思う。

土田世紀の「吉祥寺モホ面」なんて、最終回が投げやりを通り越した展開になっていた。ラストのコマが「おすぎです」のどアップだもの。単行本にもならないんだろうな。残しておけばよかったが、引っ越しの際に破損して捨ててしまった。

編集王 (1) 編集王 (1)
土田 世紀 (2006/07)
小学館
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/4-ffa0215e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。