01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
かわいかったんだよ「シマシマ」(山崎紗也夏)1
2008/08/21 [Thu]23:32
沖さやか、山崎さやか、んで、山崎紗也夏。名前が変われば絵も変わる。線も細いし女性向けとされる漫画のように見えるが、掲載誌はモーニングだ。モーニングなら違和感ないのな。

バツイチ美女が「添い寝屋」ビジネスを立ち上げて、というもの。筒井康隆の「パプリカ」をソフトに現実的にしたような。こういう架空の(あるの?ひょっとしてと思っちゃうが)ビジネスを題材にしたら、漫画はファンタジーになりそうだがそこはもう、ほかが細かいから現実に着地する。そうなると眠れない女性たちが生の存在になるので、添い寝屋も生のぬくもりが出てきて、もう気持ちよく入れる。
この流れなら読者が男性とか女性向けとか、関係ないない。

あとがきにもあるが、出てくる男子は平成男子。性欲の旺盛さを出さないし(満たされてるからか)、熱血でもないし、バカでもない。明るくて計算が上手。生命力がしたたかだ。
こんなイイ男ばっかりいるかよ、と思った矢先にマシュが出てくる展開に隙もない。ガイたちに反発しそうな女性や男性をマシュで掬う! 鉄壁じゃないか。

シオさんは気分が「落ちる」パターンを自覚してたり、独りを克服しようと頑張ったり、ヤルとかヤラナイとかで悶々したり、山崎さやか作品らしく、女性が隠しそうなところをつるっと出してくるから、男性読者は「ほーーう?」と読むのだよな。

これはまた面白い連載が始まった。
「はるか17」は少女のファンタジーだけど、今度は大人の女性の現実だ。
「東京家族」好きな自分としてはなお、楽しみな感じ。

シマシマ 1 (1) (モーニングKC)シマシマ 1 (1) (モーニングKC)
(2008/07/23)
山崎 紗也夏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/404-d9f55412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。