07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
保留ボタ~~ン「すーちゃん」「結婚しなくていいですか」(益田ミリ)
2008/08/30 [Sat]10:35
35歳の独身女性(カフェ店員→店長)が、人生の正しさを巡って悶悶する漫画。
続編は「結婚しなくていいですか」がメインタイトルで、サブに「すーちゃんの明日」。
絵本形式のタイトルづけで、今後も続くのかしら。それこそ結婚して、出産して、子育てして介護して、死ぬまで続いたりして。

仕事も生活もいろいろあるけど、ヨガで「汗かいたね~」、御飯が「おいしかったね~」でスッキリ。姉さん、人生に騙されてるよ!と思うが、こんなもんだ。

すーちゃんたちは、人生の正しさにこだわる。恋愛して結婚し、出産して、仕事は辞めて迷惑かけずに老いる。
それが正しいのかどうかを自問する。正しくなくてもいいやと思えど、その正しさを体験してないのは「もったいない」だったり、正しい人は「うまくやってる」だったり。「いい人になりたい」と思ったり。
探すべき、寄り添うべき自分の人生はあるのに、完成形なんてないのに、世間的な「正しさ」が迫るのだよな。
それは「きゅうくつ」だ。

近代社会で個人は解放されて、多様性を手に入れたような気がするが(いきなり大きく出るな~)、社会からの「正しさ」圧力はたいして変わらない。
それほど自由を謳歌できないよなー。身分制度があった時代がいいってことはないんだけど。
老後のことなんて考えたって無駄なんだよ。今の老人が勝ち逃げだとかはあるけど、要は付け焼刃の政策を前に、自分の世代に優しい時代が続くといいねとしか思えない。
ツケを回すなら自分の後によろしくというのは、80年で終える人生から考えたら当然だ。そりゃ自分以外に押し付けたい。そこを倫理で縛ろうにも「世代」だものな。俺関係ないしって誰だって思うよ。個人では。

うあ、話がそれた。

5年に一冊くらいのペースで出たら面白いな。そこはリアルに時代と足並みをそろえねばなるまいて。
今「無事に老人ホームに入れました」の話を書かれても、実際に30年、40年後とは違う未来があるんだろうな、ってだけだ。それは夢。リアルすーちゃんの40代、50代、60代を読み続けたいような。
いや、読んで安心できるかは知らんけど。

そうだ。
すーちゃんたちは靴をそろえない。いや、自分も揃えないし、自分の妻も揃えないんだけど。
くつを「カタッ」「コトリ」と脱ぎ散らすコマ、頻繁に出てくるんだよな。女性らしさがないってことかしら。
自分ちに帰ってきたんだから、らしさなんて要りませんってことだよね。そこで世間から解放されている。

すーちゃんすーちゃん
(2006/04)
益田 ミリ

商品詳細を見る

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
(2008/01)
益田 ミリ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/408-5a274dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。