04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
世界が平和だと思うなよ「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)8
2008/09/08 [Mon]10:51
受け師さんは表紙で寝てるだけで出てこない。
それはいいのだが、ええと、半分くらい、将棋やってないぞ。その将棋にしても定跡よりも意地が勝ったりして、綻びが面白い。

んで、自分のささやかな世界を守るためには、肉弾戦も必要であると、その実力は将棋がどうとか常識がどうってレベルではない。
勝負の世界に生きる者の言葉として説得力はありそうだ。・・・いやしかし。
将棋云々じゃなくて、この作品の根底を語っている。いきなり。ボス戦でもないのに。いいのか。惜しまないな。熱さを。

ハチワン世界に読者から関係者としてダイブできるか、試されている展開だな。
ここで「そうだ!殴れ!戦え!」と(読んでる瞬間だけでも)応援できたら仲間。引いたら読者。
どっちでもおもしろがれればいいんだけど、その試されてる感自体が面白さだよな。

このあとは揺り戻しで正統派将棋になりそうな気もするが、これなら人間将棋でどうか。
王が自分で、コマは仲間、友達で、取られる際に刺される、殴られるとか。取った駒を使うこともできるけど、人間は入れ替わりで。
それならオールスターで戦えるのではないか。

なんて。
ドラマがある意味漫画らしい、王道の展開でまとまっただけに、原作の方はそれを超える筋書きであらねばばらないという力比べ。(なのか?)
面白い。将棋の知識がないからなおさらに。

ハチワンダイバー 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/08/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/415-de13ae20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。