07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
こゆことですかァァ「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子)21
2008/09/11 [Thu]15:14
Ruiと千秋がコンチェルトでムキーな21巻。ヨーロッパ挫折編、二度目か。三度目?

Ruiと千秋はどう見ても恋愛関係に発展しそうな条件がそろっている。Ruiはすっかり振られた気分だが、のだめがシュトレーゼンマンの方に行く一方で、千秋がマルレにRuiを誘ったっていいじゃないか。
しばしの別れは最終的な愛のコンチェルトへの布石になるなる。わー、恋の波乱は漫画の華よ。

で、そもそも千秋ってのだめのどこが好きなんだっけ? なついてくるし、世話が焼けるし、特異な才能があってかわいいってんなら、Ruiでもいい。そういうもんではない、と思ってるのは現在の千秋ち読者だけかもしれない。
そこで千秋自身が「俺はRuiのことを……!」みたいな思い当たりはしないだろう、キャラとして。だからこその音楽バカなんだし。
となれば、ねぇ。わー、恋の波乱は漫画の華よ(くどい)。

で、のだめは先生を変えてさらなる飛躍を目指す。そうそう、普通の人は教師、導かれ方で大きく変化する。ブレなかったり、自分で課題設定できる能力があれば苦労は一個減っているのだ。
のだめも十分に才能はあるけれど、もがいてあきらめて逃げて、古典的な努力型の主人公じゃないか。

いまどき珍しいんじゃないか。運命じゃなくて才能に翻弄されるなんて。
10代の読者もいると思うけど、泥臭い努力の美しさはオジサン、オバサン世代のものじゃないよね。ね?

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
(2008/08/11)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/422-1981794a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。