06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
仲間にならねーか?「鋼の錬金術師」(荒川弘)20
2008/09/12 [Fri]15:42
グリードまで仲間になってしまった。これはリンが帰ってきたと思うべきか。

登場人物やそれぞれの思惑はまだまだ見えてないところもあるけど、この世界の人たちはみんな、賢い。
合理的というか、論理的というか、計算できないバカや熱血、迷惑なことがあまりないような。
「ムシャクシャしてやった」的な行動が。世界は理屈で回っている。
わき役も賢くて小回りがきくから、エドチームもアルチームも、オリヴィエもマスタングもそれぞれ、ちゃんと動く。
この辺のカッチリしたコンビネーションが「よくできすぎてる」感があって、と読むのは贅沢かな。
もっと突然の悲劇、意味不明な災厄、予測不可能な変動を! って感動ジャンキーかよ。

大ボスはなに考えてるのかまだわからないけど、思うにRPGのラスボスくらいに「実は」的な告白を最終的にはしてくれそうな気がする。
訳あって扉を開き、事情があって惨劇を起こしているに違いない。
そう、世界は錬金術のように、理屈でできている。
でも漫画ではその理屈にも違和感があるってんで、きっと世の理の大崩壊もあると期待しちゃう。(どっちやねん)


十分にクライマックスなんだけど、舞台としてはシン国がからんできてない。
そこはおいとくのかな。もしくは血を求めて軍が向かうのか。

鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
(2008/08/22)
荒川 弘

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/424-00ccf132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。