05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ずっと--…愛してるよ!!「地平線でダンス」(柏木ハルコ)
2008/10/06 [Mon]15:20
時をかけるラブコメ、完結。事態はすっとシリアスだったけど、やはりどこかコメディだったのは2人の物語だったからかな。
違ってるかもしれないが、実体化できた30年後の琴理が竜ヶ崎を過去に戻して、竜ヶ崎が7年後に琴理の実体化に成功する。それぞれは並行世界かもしれないけど、まーるくおさまる。2人の世界で。

タイムマシンものにしては地球規模で話が広がらず、基本的には恋愛漫画だ。
人間が情報化されてどうなるかという、形而上的なところにもいかなかった。タイムマシンの可能性にも触れられてない。

どんな世界でも、人間が情報になっても琴理の愛だけは不変(普遍)だったのだから、「ぢゅてーむ」こそ最強という純愛メッセージ。すがすがしい。エロもないし。
そもそも最初から地球のためとか、科学のためとか、過去や未来のためからスタートしてないんだよな。ノーベル賞という個人的な目的からなんだから、最後が愛でもOKだ。

いやしかし、岩越くんの「どうでもよさ」ったらないな。2人が抜けた後に研究が続けられているための存在。脇にいるための人生。
岩越、もっとがんばれ。ノーベル賞はきみのものだったかもしれないのに。


しかし、数多ある並行世界もすべて、春日琴理と竜ヶ崎邦衛のためにあるのだから(そうは断言してないが)、そりゃ野宮ナナが嫉妬してぶっ壊そうと思うはず。
ナナは体で世界に触れ、感情に接してきた人間なんだし……と、ここにきてちょっとナナに共感したりして。2人が世界を動かしてることを本能的に知って、支配に抵抗しようとしてたのかもな、ナナは。裏主人公として、読者側の代表は彼女だったのかもよ。
読んでて、「ほっとくなよ!」「おまえらの話だけかい!」と思わなかったのは、自分が鈍感だったこともあるけど、ナナが邪魔をしてたので「その邪魔を乗り越えてがんばれ!」に変わっちゃってたからだ。
面白かったけど、最後の最後で琴理から意識がずれていったな。不思議な読後感。

地平線でダンス 5 (5) (ビッグコミックス)地平線でダンス 5 (5) (ビッグコミックス)
(2008/09/30)
柏木 ハルコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/433-70484866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。