10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
悪いことをしたなんて思っちゃいない「マップスネスクトシート」(長谷川裕一)5
2008/10/16 [Thu]09:43
完全に一見さんお断りになって、続編ってよりはセカンドシーズン。
前半はダブルヒロインの物語でほんわかしつつ、後半は描かれる世界の革新へぐぐっと迫って、続く。お見事!

先の銀河大戦は銀河一体となったかと思いきや隙間があったと。
統一して戦ったようなまとめだったと記憶しているが、「重要でない文明とか星系」がきちんと区別されてたんだな。それはもう、前作のクライマックスの基盤設定だったから、そこから揺るがすのかと、愕然。
隙間を使ったサイドストーリーどころではなく、その隙間の存在がテーマ。

高度なシミュレーターである伝承族と、規格外で計算されない存在の勇者。
そこにただ単に強力な生物という第三者がいる。
宇宙規模でいくと白銀の支配者でようやく人類レベルの認知力を持てるというスケール感はさすがだなー。大きな風呂敷にくるまれる幸せ。

でだ。現代の続編ならではの要素があってしかるべきなんだけど、今度の主人公は前世代の主人公と同じく規格外の存在なんだけど、それはもう世界がズレているから(なんでかはまだ不明)という、ヒーローらしいものではなくてただの阻害されている人だ。

その彼はよその文明のルールに踏み込んで「悪いことをしたなんて思っちゃいない」とタンカを切ってしまう性格。そら地球の現代教育では生命第一なんだけど、宗教的、文明的にはそうではないケースだってあろうに。そこはマップスの世界だし。
そういう広大な世界に対して自分の価値観を堂々と押し付けられる。ここは彼の特性として覚えておいた方がいいかも。

統一されたという事実は幻想。自分が過ごした世界は平行世界で、これまた幻想。
世界として主人公は要らない子だった。そして守ってくれる第三者からも見捨てられた。

この阻害された視界をどう切り抜けるんだろう。

なんて、次の巻では「消すといっても平行世界を元に戻すだけで~~だから行き来はできるんだよ」みたいなホンワカ設定ができるかもしれんが。

ああ、てか、ネスクトシートの物語全部が「伝承族のシミュレーション例にすぎない」だったらすごいな。まさにフィクションだった、という。

マップス ネクストシート 5 (Flex Comix)マップス ネクストシート 5 (Flex Comix)
(2008/10/09)
長谷川 裕一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/436-e1fc0c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。