04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
春ゴムのうなぎ煮「タイヤ」(吉田戦車)
2008/11/15 [Sat]09:58
こないだの神保町ブックフェアにて、筑摩の出店で購入。半額で新刊(やや傷み)。これはお買い得だ。

92年にマガジンハウスから出た単行本を2000年に文庫にしたもの。初めて読む。

短編集で、決まったキャラもいないけど、「おかしな決まりがある世の中」を淡々と描写し、その脱臼が笑えるところは相変わらず。
「ちょうちょを獲る」「木人」なんかの大がかりな仕掛けはいいな。最近だと「さるかに合戦」に通じるんだろうか。
「オフィス ユー子」もありがちな会社ネタ、OLネタかと思いきや海女とかつかっていて、楽しくはぐらかされまくり。

お気に入りは「春ゴムのうなぎ煮」や「嫁のなり方」「コーヒー牛乳の7つの作り方」のニセハウトゥ系。
お約束があってハズすという、これだけでもやっぱり面白い。ショートギャグの切れ味と作りこみのアクが両方あるし。
一幕ものの「川辺の家族」、「肩守り」も情緒あっていいし、「カレー」も好きだ。
あれ、家族ギャグが好きなのか。自分は。

・・・というように手を変え品を変えた作品が読めて大満足。
面白かったーと、シンプルな感想だ。
既存の考えを全部ハズしてやる、ルールを作ってやるという、フルスイングの作品集じゃないか。って、吉田戦車の漫画はいつでもそうか。92年からずっとそうって、すげぇな。


92年というと自分は高校生で、学校でスピリッツ、吉田戦車を知ったころだ。田舎の中学生だと床屋のジャンプ、マガジン、サンデーが子ども向けの漫画雑誌で、あとはビッグコミック系は大人のものだった。
そこからスピリッツという高校生にちょうどいい漫画雑誌を知ったのと吉田戦車を知ったのは同時の思い出。

と、これはこの本には関係ない。

タイヤ (ちくま文庫)タイヤ (ちくま文庫)
(2000/06)
吉田 戦車

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/459-58019283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。