04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
勝手に言葉作るよね「さよなら絶望先生」(久米田康治)15
2008/11/19 [Wed]09:42
DVD付き限定版を買ってなくてすいません。地上波のアニメも途中まで見てたけど、視聴をあきらめてすいません。
だって速いんだもん。小ネタを見逃してる感触に耐えられなかった。
ツタヤでレンタルされてたら見ようとか思ってて、きっと実行せずにすいません。
でもアニメのサントラは聴いてます。


さておき、すっかり脂が乗っている面白さだが、ネタつぶしの恐怖もいや増しているようで、その苦しみをネタにしちゃったらホントに後がなさそうだ。
後がなさそうな状況もネタになり、それに時事ネタ的ないじりから生まれてるからいいんじゃないかとも。
でも時事ネタって食品の被害とか凶悪犯罪になると扱いづらいよな。ってんで政治、スポーツ、芸能でやってると煮詰まるのか。

海の日のネタで「無海の地方の七県者」には笑った。笑ったところで「最近勝手に言葉を作るよね」とされて、実に冷静な作者ぶりにまた笑う。
言葉を作れるんだから、ネタつぶしなんて怖くない。時事ネタを合体させたりしてたよね、過去には。
正直、打ち合わせやネタ出しの苦労は素人目にも考えたくないほど脂汗なんではないかと。
(そこで「ガチンコで笑いやってる」とか明確に言い出すとカッコ悪いけどもさ)

海の日のネタではちゃんと背景に柱が描いてあったり(連載時はどうか知らないけど)、「報われないとわかっているのに」でみんな背中から登場するとか(意味はわからんが)、細かいところまで仕掛けがある。
普通に読んで面白く、読み込めばもっと笑えるところがあるという、マニア向けのサービスも欠かさない。
何かしら「ネタ」を作る際には参考にすべき構造だ。むー。すごい。

こういう仕掛けをしたら作品のボリュームが増すからやる価値あるって、
「絶望先生が言ってた」
って主張してみるか。どこにって生き方に。

さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)
(2008/10/17)
久米田 康治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/461-925ebcc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。