04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
世界中の人間が腹いっぱいだったら「スパイシー・カフェガール」(深谷陽)
2008/11/20 [Thu]09:57
帯に「唐沢なをき氏、思わず脱帽」とあって、興味をひかれて買ってみる。
雑誌読んでないから、こういう連鎖でもって関心を広げていかないとな。趣味に対して義務感を覚えてしまうのも変だが、楽しみを増す努力はするぜ。

タイ料理屋に転がり込んだら国際的な犯罪、事件に巻き込まれて・・・というアクション映画のような疾走感。舞台も人物も展開もスパイシーなアジア風味だ。

陰影が濃くて南の方の日差しを思わせるし、彩色のようなスクリーントーン使いが鮮やかな絵を訴えてくる。
帯に「超絶の画力(マジで!)と推薦コメントがあるとおり、こりゃすげー。モノクロじゃないみたいだし、スケッチのように説明用の線をあまり入れてないというか。写真をイラスト風に加工したような。

まったく個人的にはもっちょい動きや線で流す部分がある方が好きなんだけど、こういう線もあるのかーと
(いっぱいあるって?)
でも唐沢なをき氏との共通項はサッパリ感じないが、それは表紙でわかる。しかし関連が謎だ。

暴力も出てくるが善人が多く、幸福感もあふれる作品。
衝動買いでおなかいっぱいになれて、幸せ。ワンプレートのランチといいますか。
(これは狙いすぎのまとめだな)

スパイシー・カフェガールスパイシー・カフェガール
(2005/05/14)
深谷 陽

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/462-ca085db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。