05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
SFじゃよ健作君「火星田マチ子」「火星ルンバ」(吉田戦車)
2008/11/27 [Thu]10:05
火星シリーズってわけでもないだろうけど、どちらもちくま文庫。以前のブックフェアで購入したもの。
「火星ルンバ」のあとがきでは「戦え!軍人くん」に火星人が登場し、「いじめてくん」に火星田マチ子が登場しているそうな。

「いじめてくん」は読んでなかったけど、「マチ子」「ルンバ」を読んでみれば、そりゃあもう作者は火星、火星人が好きなんだろう。
とにかく地球と交流はあるが地球とは習慣も生態も違う。たいていは言葉のニュアンスがズレる。きっと火星語を地球語(日本語)に翻訳する人がヘタこいたんだな。
どこを変えるかってところで作者は燃えるに違いない。

オチまでキレイに(離れすぎずに)ずれていくなんて、考えるのは七転八倒なんだろうか。それともサラリと出てくるのか。両方か。
火星ではカビのような生物、オチが発生するのを台所で見つめてたりするのか。巨匠は栽培が上手い、というか。
ってほら、普通の人が考えてもこんなもんですよ。


読み進めていくとマチ子がかわいく思えてくる。初期の太めの足の方が好きだが。
顔のパーツだけでいくと、目鼻立ちは整っているんだよな。リボンはヒロインの記号だ。たまたま火星人ってだけでかわいい要素は揃っている。
性格も大人っぽくて余裕があるし、地球にはなれてないので、色恋には純情なところもある。
男を翻弄しつつ、きちんとつくすのだよな。
父には良識的な面も見せるし(痴漢のあたり)。

しかし、火星人として違和感を提供しつつ、純粋で真面目で良識を求めてくるマッチポンプぶりはなんだ。
そこで翻弄される。手足はヌメっとしてそうだが。やっぱかわいいね。

火星田マチ子 (ちくま文庫)火星田マチ子 (ちくま文庫)
(2001/12)
吉田 戦車

商品詳細を見る

火星ルンバ (ちくま文庫)火星ルンバ (ちくま文庫)
(2002/01)
吉田 戦車

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/467-96cbefe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。