04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
両取り逃げるべからず「宇宙兄弟」(小山宙哉)4
2008/12/22 [Mon]10:43
宇宙飛行士選抜、閉鎖環境試験の続き。そして終わらない。人気があるからじっくりやろうということなのか。人物ドラマとしては盛り上がってるし、面白いのだが、これって宇宙飛行士になろう漫画だったよね、ハタと。

閉鎖環境試験は「度胸星」(感想ログ)でもやってたし、どうしても比べてしまうのだけど、もうちょっと人格が壊れるかと思ったらみんな優しくて賢い。これが数年の違いか。
仲良くなれるなんて、とても人間ができている。

宇宙兄弟は、JAXA目線で読んでしまう。ゲームを見守る立場。決して宇宙への夢をかき立てられない。
熱さも過酷さもいまひとつないからな。もちろん宇宙飛行士に冷静さは大事だろうが、ムッタたちを見ていても宇宙に行ける気がしない。特殊な訓練、ゲームに従事している面白い人たちにしか見えない。それはそれで面白いんだが、高尚な「カイジ」、小規模でアクションのない「ジョジョ」のような?

作中で宇宙へ行く目的はもっとガーンと出てくるかも。でもそれは試験でJAXA側から「どうしても行きたい人は残ってください」的に提示されるんじゃなくて、落とされかけてもくらいつくような流れで示してほしいのよ。
でもそれは漫画として古いんだろうね。


宇宙兄弟 4 (4) (モーニングKC)宇宙兄弟 4 (4) (モーニングKC)
(2008/12/22)
小山 宙哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/484-497e1bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。