09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ここで何とかふんばっている「遠藤浩輝短編集」(遠藤浩輝)2
2009/01/07 [Wed]09:30
押し入れから発掘されたシリーズ。自分の漫画読み史でこのころのアフタヌーンは外せないのだろうな。

収録作品は
地上が地上じゃなくなってしまった絶望的閉鎖環境で女子高生とHする「Hang」。
鬱屈した漫画家が女子高生に肉体的な思いを馳せる「女子高生2000」。
少年が父親の愛人(女子高生)に何重にも屈折した恋心を寄せる「プラットホーム」。
性愛に悩む高校生男女のショートショートコメディ「ボーイズ・ドント・クライ」。

女子高生だらけで、性愛のからみも多い。
ボリューム的にメイン作品の「プラットホーム」はモロだったりするが、ヤクザにオンナにスリル&アクションの展開ってのはお得意のジャンルなのか、面白い。
体つきがいちいちリアルというか、生々しいので、アクションや性愛がしっくり来るんだよ。しっかり描けるからこう、実用的な感じじゃなくて行為や感情が標本のように出ているような。

で、主人公の無力感も相変わらず。ああ、10代のころの俺よ。

無力感を痛感して、一歩踏み出すところまでが青春です、だな。

遠藤浩輝短編集 2 (2) (アフタヌーンKC)遠藤浩輝短編集 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2001/09/21)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/496-50c3e9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。