10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ガマンせんでええんや「大阪ハムレット」(森下裕美)1
2009/01/20 [Tue]10:50
実写映画になる漫画シリーズ(になってしまった)。とりあえず古書店で1巻だけ見つけていて、2巻も買おう。
評判のいいシリーズだし、もっと早く読めばよかった。
安易な人情ものだと思ってたけど、この風合いは好きだわー。

割ととんでもない人たちが出てくるのに、安易に暴力や犯罪や性愛が出てこない。
性や恋、夫婦喧嘩は出てくるが、もう地味なんだよ。扱いが落ち着いていて、読者を大人扱いしているんだと思う。掲載誌がいい感じに作用したのか。

もっと事件的な展開を使ったらドラマ作り楽やのに、でもオモロイからエエよなぁ。
とインチキ大阪弁で思ってしまうのだった。これは漫画の雰囲気で美しく読んでいるからか。

「少年アシベ」のころと、顔のデザインは変わってないと思うんだが、体は青年漫画的な頭身。
でもデフォルメの顔で、ここまで表情や個性が出せるなんて、絵が上手い。
ある意味で、フツーの顔ってものがない。やや抽象的だけど、全員に個性と味がある顔。
この顔たちに作者の「大阪人愛」を感じる。

ヒロちゃんはかわいいんだが、第二次性徴で悩むだろう。
マー君の恋は、しばらくほっといていい。
思えば第一話のユキオ君はどうなったんだ。

抽象的な面々を思い出しながら、いきなり懐かしくなる作品だな。不思議。
つるっとコミュニティに取り込まれたような。これが大阪か。

大阪ハムレット (1) (ACTION COMICS)大阪ハムレット (1) (ACTION COMICS)
(2006/05/12)
森下 裕美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/504-fe26c5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。