08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ママ友は戦友だよね「毎日かあさん」(西原理恵子)5
2009/01/31 [Sat]09:59
4巻で勝手に完結だと思ってたが、人生はまだ続く。アニメになるとは。

鴨ちゃんのエピソードもはさみつつ、子どもと四季や食事や風景や路地や空やドブを共有する。
鴨ちゃんは、見えている世界や生活に溶け込んだのだな。

子どもはのびやかに育つし、ある程度、大きくなったからもう「危険と礼儀のことだけ」でいいやと母も成長している。
軸がブレてない、腰が座っているから、ジェンダーだの家族だの教育だのの“論”とは無関係に生活していける。
(作者本人が“論”的なことをまったく考えてないことはないだろうけども)

麦ちゃん家の五人兄弟のパワーはすげぇ。NHKでY染色体が絶滅に向かっているとかやってたけどウソだろと思う。あれが絶滅するわけない。
子どもってすごいな。母はもっとすごい。少子化対策に貢献しそうな漫画だ。
子持ちの人に話を聞くと、2歳までがもっとも大変だそうな。なるほどね。


ある意味で、死後の安寧を感じる5巻。子どもも育ってきて、破壊力は増してるが、「この先どうなるの?」の不安が抑えられいる(作品の中では)、いい家族。
普通の漫画だったら小さな幸せの後に不幸がありそうなもんだけど、この作品でソレはなしでいいっすよ。


毎日かあさん 5 黒潮家族編毎日かあさん 5 黒潮家族編
(2008/12/13)
西原 理恵子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/509-fa71e342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。