10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
巨きくていい感じだな「夢之香港旅行」(逆柱いみり)
2009/02/10 [Tue]09:16
ついに、逆柱いみりの「夢之香港旅行」を入手した。500部の限定本であり、本だけでなく判子やハガキなんかも入った箱詰め製品なので、復刻も難しい。
漫画だけでも復刻すれば良いのにと思うが、原稿は残っているのか。
製本も、糸で綴じてあって、読むのもおっかなびっくりだ。読み終わったら箱にきれいに収めて保管せねばな。

ずっと探していて、そういえばとタコシェに問い合わせてみたら「中古が1つだけ」とのことで、エイヤと購入したのだった。
当時価格にして1万円であり、入手価格はそれよりも高かったけど、ベラボーではなかった。
予約特典のCDがないからな。そこはしょうがない。
逆柱いみりのCDは2枚とも持ってるから、それも欲しいのだけど、この機会を逃したら「夢之香港旅行」とは出会えないような気がして。
こういうのを買い出したら、自分もいよいよコレクターだな。でも逆柱いみりくらいではないか。さすがに。


内容はいつもの、幻惑の光景がきめ細かく、ねっとりと記載されていて、非常によろしい。とはいっても、半分くらいは「MaMaFuFu」と同じだ。でも判が普通の漫画よりも大きいので、そこで満足感がある。集合住宅の見開きなんか、よい。
(出版の順序としては「MaMa~」の方が先だよな?実質の再録か)
重慶で見た夢なんか、そのまんま逆柱世界だものな。ええと、作者が見て描いてるんだから当然なんだけど、常人だとその夢を見ることが難しいわけで。
場所と作者のミックスで、面白くならないわけがない。

紙もザラザラで、うーっすらとしたかすれがいい味。モノクロの場合はね。カラーは鮮明な方が良いけど、いみり氏の色の場合は昭和のメンコみたいなものなので、印刷物には印刷物の良さがあるしな。原画が欲しいぞ。

「MaMaFuFu」時代の、風呂敷に変形するカッパとか、「ケキャール社」あたりまでおなじみの女性とか(読み順の問題だけだが)、懐かしくてほっこりした。
最近は怪獣やクルマに関心がいってるみたいだけど、風呂敷や女性キャラも好きなんだよな。妙に冷静で、ねっとり背景をいい塩梅にヤバゲな光景にしてくれる。奇妙さの曼荼羅に観察者が居る方が。

とかなんとか。もはや入手した喜びだけでアウアウしているのだけど、同人誌って、こういう側面もあるんだよな。
こうして、漫画描いて、小物もつけて、CDも用意して箱詰めにしちゃう。そういうことができちゃう才能(行為そのもの、生き方そのもの)に、凡人たる読み手は憧れるんだなぁ。

ネットで自己表現は身近になったんだから、自分もいっちょ、やったるかと思ったり、でも手の中にはこういった感想のゴタクしかなかったりして、ああ、とかなんとか。
いや、話がそれている。
いいものを得た。モノとしても気持ちとしても。


(写真はネットで拾ったもの)
夢之香港旅行

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/514-a0d7300a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。