09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
病気だってことだろ!?「ヒメアノ~ル」(古谷実)2
2009/02/12 [Thu]10:20
シガテラ、わにとかげぎす、に続いて順調にルナティック。
衝動があるんだからしょうがないなんて身も蓋もない病人も含めて、みんな生きている。

わかりやすく安藤さんと森田が対照になっていて、どっちも性的な欲求を含めた衝動に基づいて行動し、狂気をはらむんだけど、安藤さんは泣いたり怒ったり仕事したり出かけたりして見事に発散してしまう。
チェーンソーとか言ってた人とは思えない誠実さをすぐに見せて、逆に怖いぞ。ははは。

刺青マッチョに襲いかかれないくらいだから、チェーンソーのくだりも口だけ番長なんだろうけどさ。
結果論だけども、社会に接してると個人の狂気は浄化されていくのかも。なんつーか海に毒薬を溶かすような。消えてはないけど無効にはなる。


森田の暴走は期待以上でも以下でもなく、パターンでいくと警察による解決はない。シガテラ以降では古谷世界の夜は欲望だけがルールだしな。

ともかく、森田の衝動や背景についても割合、わかりやすく語られている。
これまでの「人間だれしも暗部を抱えてるよね」という、空恐ろしいくくりにはなってない。
明確に「病気」と言って、カネのために殺人を企てる「人間のクズ」や、ましてや「さびしい人」とも区別した。
これはまた、逆から見ると救いがない。
病気だからしょうがない。ええと、じゃあ、読んでる方で共感しちゃったら?
森田の屈折は恐れられ、排除されるだけでOKだったら、それは刑法を読んでるだけでしょ。

この区別がな、これまでと違うのではないかな。


ヤンマガ読者層の入れ替わりはわからないけど、仮に久しぶりに読んだ人がいたら「お、シガテラってこんなんなってんだ」「オギボーどこいったの?」とか思ったりしてね。

ヒメアノ~ル 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)ヒメアノ~ル 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)
(2009/02/06)
古谷 実

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/515-333ec93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。