09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
恐ろしいがゾクゾクする「ヤマタイカ」(星野之宣)4
2009/02/23 [Mon]09:22
続けて4巻。

広目天の動きが優秀すぎる。熱田神宮で風のように草薙の剣を奪い、さっそうと富士山を駆け上って噴火を阻止。
四人分のパワーを得て、ライバルとしてふさわしい強大さになったが、神子との直接対決やバトルはまだしてないのよな。

オモイカネとオモイクロガネのぶつかり合いは、ここまで読んできたから迫力を感じるものの、よく考えたらでっかい鐘が体当たりしているという間抜けな絵。
とり・みきが描きそうなシュールさだ。

こりゃ、遮光器土偶も動き出すかな。日の民族の側は、持ち出すとしたら次はなんだ。仏像なら鎌倉にも東京にもあるが、いっそ法隆寺でも動かしたらどうか。
もしくは近代の安定社会の象徴として国会議事堂とか、都庁(連載時は新都庁じゃないか?)とか。


いやしかし、全国で火山が噴火してヤマトが戦争をおっぱじめて、もうどうでもいいから世の中ひっくり返ってしまえという思いがマツリを呼ぶとしたら、2009年ってか21世紀に入ってからの世も祭りを待っているのかもな。
適切なシャーマンや依代がなくて、ちんけな宗教や小さな爆発で過ごしているからだな。だれか、為政者側が匠に遮光器土偶を破壊してしまったに違いない。

マツリといえば、60年周期に当たらないところで学生運動があったのではないか。
あれはどうなんだ。内戦になりかけてたともいえるような。
ま、あれもシャーマンや依代がうさんくさかったのかもなー。


スケールがどんどん大きくなるところで、5巻へ。
あの、歴史がどうとかおいといて、漫画としてすげぇ面白い。ついそのことを書いてなかったが、面白い。

ヤマタイカ (第4巻) (潮ビジュアル文庫)ヤマタイカ (第4巻) (潮ビジュアル文庫)
(1997/07)
星野 之宣

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/523-2aceace5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。