10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
神さんと一緒に踊って「ヤマタイカ」(星野之宣)5
2009/02/24 [Tue]09:34
怒濤の最終巻。
広目天も三種の神器も、卑弥呼、ヤマタイカ、縄文の祭りを止められない。
富士山も東京も大変なことになって、やるだけやって、やりきった。

広目天も手を尽くすが、相手が大元のアマテラスでは太刀打ちできない。もともと、日の民族が追いやった民族を神として崇めて鎮めたわけだからな。
実は一万年と二千年前から(古いうえに違う・笑)許してないってんじゃ、あきらめて受け入れるしかない。そりゃ戦艦大和も自衛隊を撃つよ。
最後の広目天の顔は、実にいい表情だ。仏の手のひらの孫悟空のような心境だったのではないか。

90年にこんなにも閉塞感に対抗する話があったんだな。まだバブル気分だったろうに、その意味ではマツリの真っ最中でもあったわけだが、破壊の方に向かう気分を描いたところは面白い。

そういえば、キクチの鉄さんがいまひとつ具体的な動きをしなかったが、キクチヒコって史料ではどういう位置づけなんだろう。


クライマックスの大戦闘の中、オモイクロガネはお堀の内側に落下する。ヤマタイカの群衆もお堀を囲んでいるように見える。
こっそり、刺激的な描写や表現が入ってるよな。

面白かった。次の歴史(関連)漫画は何を読もうかな。
「火の鳥」を読み返したいし、「天上の虹」で記紀が書かれる時代も、今のテンションで読みたい。

ヤマタイカ (第5巻) (潮ビジュアル文庫)ヤマタイカ (第5巻) (潮ビジュアル文庫)
(1997/07)
星野 之宣

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/525-c166ab0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。