04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
戦い続けていくしか「あずみ」(小山ゆう)48
2009/03/04 [Wed]09:22
第一部だけど、完結。続編の幕末編はすでに連載中。

朽木とか、あの素早い奴もあっけなく倒されてしまった。
柳生宗矩に勝ったあたりでタイマン史上最強であり、数々のハンディ戦をくぐり抜けてきたあずみにとって、真っ向から挑んでしまう2人の愚かさよ。「あずみ」30巻以降だけでも読んで、もうちょっと策を練れよと思った。


豪山の顛末で、ああ、この漫画は最後まで変わらなかったな、貫いたんだなとじんわり思う。
少女は最後まで無垢であり、汚れ役は敵側や支配者層への哀れみの目線でクリア。
だって私、悪くないもんという、ある意味で大バカな主人公を全うした。
それまで抱えていた、自分のために多くの人が死んだとか、仕事や大義のためとはいえ、たくさんの人を殺してきたという思いに、自分で決着をつけていない。
第一部にしても完結なんだから、片付けなければならない思いだったのではないか。

家光の世代からは政権も落ち着いてるような気がするが、定期的に御三家が跡目争いでガタガタやるんだから、いつの時代もあずみのような刺客は必要だということだ。
そんな使役と血にまみれた人生を送るのもしんどい。

そのしんどさをもって、完とする。
一生モノの業を笑顔で背負った強さこそ、あずみなのだな。そういうことだな。

あずみ 48 (ビッグコミックス)あずみ 48 (ビッグコミックス)
(2009/02/27)
小山 ゆう

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/532-8ebe3622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。