05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
自由には代償が伴うのだ「ペルセポリス2 マルジ、故郷に帰る」
2009/03/06 [Fri]09:57
昔ペルシャ、今イランの私小説的漫画。2巻ではヨーロッパに留学。
自国とヨーロッパの文化、伝統的宗教と自由を求める感性、親離れしていく自分など、アイデンティティを揺るがせつつマルジが成長していく青春ものだ。

イラン戦争の悲惨さについては、とうのマルジが海外にいるために切迫感はない。その体験の欠落も大きな要素なんだけど、ちょっと離れて読むと、自意識ブレブレのイタイ女の子がいるな、という印象にもなる。
少女のころのマルジは預言者や革命の英雄にあこがれ、行動を起こしていく主役だったが、ヨーロッパでは周りに流され、恋に嘆き悩んでいるただの女の子になっている。

そこで悩み考えたことが大学入試の国家試験に生きていたりして、マルジなりの成長を感じさせるのだが、途中が淡々としているだけに、ただ悶々としてただけかい、と思わなくもない。
そこは作風というか、私小説風だとすると「このとき私は~~」「この悩みがきっかけで~~」的な過剰演出はしなかったってことだろう。


にしても、宗教や伝統で押し殺したつもりでも、若者は自由を求めて集い、踊る。特に親米でもないだろうに、これはもう文化というより本能レベルの反体制衝動なんだな。
抑圧されるから反発する。作用と反作用。

マルジの悶々は無駄ではない。世界は少しずつ変わりうるのだという希望も垣間見えて、めでたし。。。。ではないんだよな。現実なんだから作品の最後のページは今につながっているわけで。

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るペルセポリスII マルジ、故郷に帰る
(2005/06/13)
マルジャン・サトラピ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/534-a6f19996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。