10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
エコー・ザ・中年「吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)」
2009/03/11 [Wed]09:33
裏表紙の「豪華!参加執筆陣!!」で明らかなように、吉田戦車は愛されている。
漫画家仲間の輪に作品のジャンルは関係ないだろうけど、交流し、愛や羨望を集める世代の広いこと。
人を集めるだけなら力技でなんとかあるかもしれないが、それぞれの寄稿に愛と羨望が詰まっている。

なんで渋江譲二まで? と思ったら日記でわかるが「仮面ライダー響鬼」つながり。でも載ってるからには、やはりファンなんだよ。そこで義理だけで出ない。好きだから、語りたいからってのがある。
いい本だな。面白いし、ぬくもりがある。


吉田戦車が「響鬼」(前半)が面白いと日記に書いていると、「俺も俺も!」と言いたくなる。
吉田戦車も好きなんだぜ、吉田戦車がこういってたよ、というのは、世代にもよるかもしれないが、結構な説得力を持っているのではないか。

収録された日記(ウェブに載ってたもの)では、スポーツや買い物や、テレビ番組について、気ままなコメントが載っている。
思いのきっっけは、わりとどうでもいいことだったり、起こした行動もひとつひとつ取り出すと取り立てて奇矯ではないんだけど、逐一、気持ちが正直なんだな。
うそや誇張でなく、そのまんまのことで、ざくっと簡潔に、読み手にとっては唐突に「でさ、」と話が始まることと、実際に些末なことに対して自分の思いをしっかりさせている。

この雰囲気があれか、いしかわじゅん寄稿内の「オヤジ臭」か。
とりあえず、全作品までは読んでないのだけど、最新のから遡って読みつぶしていきたい。


そうだ。ゆうきまさみ寄稿にあるように、自分も火星田マチ子が大好き。かわいい。
抱き枕とまではいわないが、大きめの軟体フィギュアがあれば欲しいぞ。

吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)
(2009/02)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/537-190d8686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。