08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
邪道じゃ一番にはなれない「バクマン。」(小畑健)2
2009/03/12 [Thu]09:01
ジャンプ漫画家を目指す漫画。

面白い漫画、いい漫画なんていう、漠然としたもののの描き方ではなく、ジャンプでの勝ち方、連載枠を得ることが目標。
ライバルは天然の「ほっといても描いちゃう」人で、主人公は計算で恋愛や夢のために描いてる人。
博打打ちか漫画家かという二項が出てきた1巻に続いて、新しい対比が。わかりやすい。

セリフも多いしアクションもないけど、見吉を増やして会話のペースを変えたり、恋愛要素を動かしたり。
読みやすいなー。こんだけ地味なのに。

ジャンプの雑誌名が実名だから(編集者は匿名だろうけど、同姓の人が人事異動で入ってきたらややこしそうだ)、赤裸々に思えるけど、これ、本当でも誇張でも、入り混じっててもいいんだよな。
「バクマン。」読んで漫画の持ち込みしようって子どもには真実100%かもしれないが(いまどきピュアか?)、ジャンプ漫画家になる野望を持たない漫画好き読者には、一種独特のルールに従う文系バトル漫画なんだな、やっぱり。
で、そのノリは実は古典的な熱血だ。計算ばかりでなく、汗もかくし体力も使うし、恋愛も我慢する。
大人には「漫画業界の裏側!」で、子どもには「熱血漫画!」の売り方なんじゃなかろうか。逆?


熱血漫画なんだから、一度は挫折すべきだ。もっと大きく。
それこそ、大学進学と漫画を天秤にかけるような。
あと、「なに描いていいかわかんない」「ネタがない」スランプとかな。その苦しみの描写に期待。
なにしろタイムスケジュールが18歳までに設定されてるし。

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2009/03/04)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/538-ed5f54a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。