08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
今さら引けない2人「シマシマ」(山崎紗也香)4
2009/04/04 [Sat]09:47
後に、まとまりそうな混乱の巻。全体的に、少なくとも第一章は確実に完に向かっている。

シオ×ガイの恋模様が大人しく明らかになり、でもランも介入してドッキドキは止まらない。
ヒビキさんも出てこないし、シープ内の閉じた世界で恋愛がはじまってしまった。

一方で、マシュとリンダは外の世界に居場所を見つけていく。
となると、ガイとランは持って行く場所のない自分のために、シオさんを追いかけているのではないか。
そりゃ、魅力的な女性ではあろうが、本気でどうこうという年齢でもなかろうに。
フツーに考えたら2人とも遊びとしか。

純粋な思いと、社会性との間で揺れる大人の少女漫画だな。


漫画らしいのは相変わらず撫子ちゃんで、彼女が出てくると顔が漫画になる。
シオ×ガイの時の緊張感とは逆だな。
ここでガイを選んだら、その緊張に酔った末の勘違いなのではないかと思う。意地悪な読み方だが。


てか、イケメンの若者たちが夢や希望を持ち、美しい女性がモテながら働いてがんばる漫画で、
30代男性としてどう感情移入して読んだらいいのかわからなくなってきた。

4巻は、ハッとする表情も見つけられなかったんだよな。
キャラの背景が見えてきて、観察しているよな読み方がしにくくなったこともある。うーむ。

ということからも、そろそろまとまる時期なのかと思ったりして。

シマシマ 4 (4) (モーニングKC)シマシマ 4 (4) (モーニングKC)
(2009/03/23)
山崎 紗也夏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/549-00cd1c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。