06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
道を誤るのは若者の特権「ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集」(藤子・F・不二雄)
2009/04/09 [Thu]09:37
太いSF短編集を読もう読もうと思っているところでこんなのが出てしまうと、つい。
あっちを持ってれば、全部読めるのだろうなと思いつつ、上巻から。

ビッグコミック系の雑誌に掲載した作品群だけあって、大人向けの内容というか、オジサンとSFのミスマッチが着想になっているものが多い。
オジサンは仕事に疲れ、過去を振り返り、希望に欠ける。

そこで、世界の成立条件がコロッと変わってしまうSFと出会うと、いい憂さ晴らしになるのだな。
呑み屋で一杯ひっかけて「俺が社長だったらヨー」ってのと基本的には変わらない。
まれにそのコロッと変更が地球規模だったりして、あまりの変化についていけなかったりするし、そのルール変更で自分が不利になったりする。
みっともなさもオジサン的なんだよな。

ってな大雑把な感想。
「ミノタウロスの皿」はやはり傑作だよな。
あ、「女には売るものがある」「は、(若い頃の)筒井康隆のような作品だ。

ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集 上 (1) (ビッグコミックススペシャル)ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集 上 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2009/03/30)
藤子 不二雄F

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/554-93484985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。