07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
一次定年を56歳とします「ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集」(藤子・F・不二雄)下
2009/04/10 [Fri]09:55
下巻も読む。これ、37作品で上下1680円って安いだろ。
なんというお得感。

下巻はカメラものが多く、「ドラえもん」のようなギミックが目立つ。
価格交渉の末に「談合させてもらいましたわ」で10万円とか、いろんなところに大人の味が。そこも笑える。
大人の滑稽さというか、人間の行動、思考パターンをよくここまでざっくり書くものだ。
観察眼もさることながら、抽出してキャラクター(漫画表現)化する手際は「あざやか!」だ。
巨匠の仕事に何をいまさら、なんだけど。

で、上巻でもそうなんだが、SF的なコト、モノに対してどこか「嘘」「ズル」である後ろめたさがある。
使ってて便利だけどしっぺ返しがあるのは「ドラえもん」でも一緒だが、たしなめるドラちゃんはいない。溺れても大人だから自己責任とでも言いたげ。

作者の視点としては、逃避してもいいじゃない、だったんだろうか。
それとも、逃避しててもどうもならんよ。悲しいね、だったか。
読んでいて、前者だろうと思いつつも、わからなくなる。
「やすらぎの館」なんて、その最たるところで、優しさへの後ろめたさをどう受け止めたらいいのか。

大人になることの恐ろしさって、楳図作品と同じく、藤子作品にもあるのかなぁ。

ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集 下 (3) (ビッグコミックススペシャル)ビッグコミック×藤子・F・不二雄SF短編集 下 (3) (ビッグコミックススペシャル)
(2009/03/30)
藤子 不二雄F

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/555-0e3647e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。