04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ウチの仕事場は違うからねっ「まんが極道」(唐沢なをき)3
2009/05/11 [Mon]14:51
刑事事件も多発して、まさに極道の第3巻。

アシ食いの先生がいるってことは、仕事のために食われる女子がいるということで、
サークルで有望そうな男子を漁るとか、コミケで売り上げ持ち逃げするとか、息子のヒット作売上を使い込む母とか、
女性はシタタカだなとか言い出しそうになる。

前半はサークルや志望者のエピソードが多くて、描くことの(客観的な)気恥ずかしさや未熟さへの滑稽さをビシッと突く。
大作しか描きたくない巨匠病や、罪悪感ナシにトレースしちゃう病、エロで儲けて創作意欲を忘れ(ようとして)てる病とか。
創作への決意って、どんなバランスを取ったら表明「していい」んだろう。

描きたいことがある人は、頼まれなくても描く。売れようが売れまいが、同人臭かろうが下手だろうが。
会議ばかりしていて描かないのはカッコ悪い、同人くさくてひとりよがり、儲かってるけど創作意欲の面では評価できない、儲かっても忙しかったり家族でアレコレあって面倒くさい。
「吼えペン」のように、熱く純粋に読者と漫画と編集者に向かう人がいないってのが、極道だよな。

創作ワナビーたちを二重三重に笑う漫画。触れたら切れる。
個人名がありえないほど狂ってる(アバラ岳肉志とか)のは、万が一、実在の漫画関係者と一致したらヤバイからってことでもあるよな。まさに極道。

まんが極道 3 (BEAM COMIX)まんが極道 3 (BEAM COMIX)
(2009/04/25)
唐沢 なをき

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/570-5e1e08a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。