10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
TVを観ながらスケッチ!「アオイホノオ」(島本和彦)2
2009/05/18 [Mon]09:41
80年代のアニメ漫画事情を背景にした漫画家あすなろ青春漫画。

2巻の最後でも原稿が描けていない! 何やってんだホノオ!
「何ともならなかったら、お前が何とかするしかあるまい!」
じゃなかったのか!

と、読んでいて実にジリジリ来るのは「吼えペン」の炎尾を知っているからか。
もしくは自分が大人だからか。

どうしたって、アオイホノオの焔くんはじれったい。
イデオンやアニメの説明ができなくて口ごもるし、そうでなくても考えセリフが多いし、漫画を描くこと自体に照れがあってコピーも堂々と取れない。
その割には「棚からジャムを出す」程度の動作に3コマも使ってたりする。
遅い! そしてどうでもいい!
(当時の学生生活の描写として描いてあるのはわかるんだけど)

でもトンコさんには漫画論を熱く語れる。語るだけではなく、トンコさんには途中でも構想段階でも見せられる。
んで、トンコさんは「なんで描かへんの?」「基本ができてへんなー」とちゃんとツッコミを入れてくれる。
津田さんも和むけど、付き合うならトンコさんだぞ!
とにかく描くんだ。そして、完成させて、反省するのだ。
それを19歳の時にやっておけば、下手でも評価されなくても恥ずかしくても「漫画を描いたことがある」自分になれる。

「やりたい」と「一度でもやった」は大違いだ。
と、おじさんは思うのだけど、19歳でも30代でも、横を意識するとロクなことがないんだよなー。でも、下(空手道場の小学生)を見てニヤリとしている場合でもない。

ゲッサンも買ったら、新幹線に乗っていてヨシヨシ。とりあえずはそれだ!

うーん、見事に現在&過去の自分と重ねてしまうなぁ。

アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2009/05/11)
島本 和彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/573-42180596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。