05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
誇りと嫉妬が「宇宙兄弟」(小山宙哉)6
2009/06/25 [Thu]09:08
宇宙飛行士になるぞ漫画。
人気があるだろうし、時事の勢いもあるんだろうな。
面白い。宇宙モノ好きだし。NASAに歴史あり、なんて場面を入れてくるのはうまいなぁ。現場感が巧みなんだよ。

・・・だが、ちょっと飽きてきた。長いよな。人気や勢いがあるゆえの「引っ張り」を感じてしまう。
宇宙飛行士はどうあるべきか、というミステリーがあって、ロマンティックな物語なんだよ。
でも、展開としてはムッタがなにやら「外したっぽいこと」をして、でもそれが「関係あるようなないような」感触で受け入れられる。
で、選考が進んでいく。

そんだけっちゃ、そんだけなんだよねぇ。
いや、十分なんだ、でもな。

で、ムッタって、苦労はしてるけど、なんつーか少年マンガ的な修行や苦行や血や汗を感じさせない。
運とキャラで進んでいくから、ここにきて共感できそうでできなくなってる。

あ、これは嫉妬か。ヒビトに嫉妬するムッタに嫉妬か。どんだけ小さいんだ俺は。
そういう共感のさせ方なのか?

・・・・せっかくの発射前なんだから、じっくりになるのも仕方がないか。
ヒビトの死亡フラグが立ってるような気がする。全体、楽観的だから、冷や水には最良なんだよな。
むむ。
宇宙兄弟 6 (モーニングKC)宇宙兄弟 6 (モーニングKC)
(2009/06/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/586-c51b3cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。