07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
中学生でも9歳です「世界の孫」1
2007/04/09 [Mon]23:33
何フェチってレベルではない変態女を量産してきたSABEの新刊を買う。アフタヌーンで連載してたんだ。これだから雑誌を追いかけてないと出遅れるなぁ。2巻は5月あたり。

その技術をもってすればとんでもなくエロい絵が描けるのに出てくるのは変態ばかりだ。
今回の変態さんは「イカマニアのエロ女教師」「妹で売ってる暗器使い」「妹好きの偽兄・ダメ兄」。主人公は孫を思わせる顔で世界を(いずれ)支配できるほどの能力の持ち主。

「キズ顔の幼なじみ」や「ただ暴力的な幼なじみ」が竜巻を起こせるにしてもかわいく思える濃厚な人材揃いだ。
押し出しの弱いキャラは出番が減るとして、イカ教師は希有なヒットだ。期待大。衣裳まで狂ってきた。まだ一巻なのに。

みんなが愛に飢えてる世界で、「孫からの愛」を与える側に回ってる甘水は絶対的に有利だなぁ。。やんわりとサディスティック。自らの奇妙さに自覚的じゃないと強いのかも。

後半はカンフー映画が出てきたし、甘水はなぜか当て身の達人だし、格闘シーンは多い。SABE世界におけるカンフーは梶原一騎世界におけるヤクザのようなものなので必然だ。
でもSABE初めの人は戸惑うかもな。

世界の孫 1 (1) 世界の孫 1 (1)
SABE (2006/09/22)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/59-c28ef2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。