09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
お前はただの人工知能だ!!「PLUTO」(浦沢直樹・手塚治虫)8
2009/07/06 [Mon]09:59
手塚治虫原作、長崎尚志プロデュース、浦沢直樹作の21世紀版アトム。8巻で堂々完結。
こんだけ重たい冠が積んだ作品を、よく上手いことリメイクしたなぁ、というのが最初の感想。

原作も読み返してみたけど、手塚にしては長く、浦沢にしては短い分量だったんじゃないか。
浦沢直樹の漫画が巧すぎる。ザクッとした場面転換で引きつけながら読ませるのは、面白いんだけどページ数がかさむんだよな。
主人公が「エーッ!」とか言いながら(ただの例えだよ)、順序よくお話が進む手塚アトムの時代とは見せ方が違う。


プルートゥって何だ? どこから来たの? 何が目的なの?
という衝撃をきっかけにミステリーが始まって、
人工知能やサイボーグ技術を真ん中にロボットと人間ってどこが違うのと語る。
原作アトムから離れすぎないんだよな。でもどう読んでも浦沢(長崎)漫画。


付加されているテーマは人工知能の部分。
憎しみを与えることで、人口知能が完成(?)する。
でも、憎しみを覚えることで悲しみを得ることもできる、ということだろう。
暴走、欠落がない感情は完全ではないし、負の感情を乗り越えてこそ、「人間らしい」わけで、暴走や憎悪があるだけではただの迷惑で小賢しいヒトだ。

トラキアのマザー・コンピュータも、かわいい顔して憎悪を持ってたけど、抑えることを知らなかった。
それじゃ子どもなんだよ。

PLUTOを通じて、作品内のロボットは生まれたての子ども(才能はある)から、欠落と抑制を知る大人になった、なろうとすることができた。

なるほど、大人の漫画だよなぁ。

PLUTO 8 (ビッグコミックス)PLUTO 8 (ビッグコミックス)
(2009/06/30)
浦沢 直樹

商品詳細を見る

PLUTO 8 豪華版―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (ビッグコミックススペシャル)PLUTO 8 豪華版―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (ビッグコミックススペシャル)
(2009/06/20)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る

鉄腕アトム (13) (手塚治虫漫画全集 (233))鉄腕アトム (13) (手塚治虫漫画全集 (233))
(2000)
手塚 治虫

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/594-ac7a615e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。