09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
バトルの真っ最中なんだぞ!「アスカ@未来系」(島本和彦)
2009/07/24 [Fri]11:06
サンデーGX連載の最新作だそうだが、オビによれば「コレもう、ストーリー変わってる」とか。
ちょっと気になる。

超能力を持った主人公のアスカ(転校生)がやってきて、同種の能力を持つ敵やライバルとバトルする。

表面的にはそういうありふれた漫画。転校生ってなぁ、学園バトル漫画をパロった自作のセルフパロディかと。
いろいろ踏まえたようなモヤモヤがあり(それをネットで共有し)、バトルものへの照れもある。いまどきってこういうことか。

未来人といっても信じてもらえない。
バトルでは
「この“力”を使ってしまうのか…!」(強いけどリスクもある力だし)
などという、腐りきったバトル漫画セリフを吐かされたかと思えば、助けるべきヒロインが強いというズッコケ(死語か)をかます。
ようやくバトルになっても、勝利にはこだわらず、ヒロインの現状維持のみを求める。
てか、バトルってもにらみ合って時間を浪費しあうというだけ。
敵・ライバル側の組織も、闇の勢力じゃなくて匿名掲示板。

いまどきっぽくしすぎて、あざとさも覚えるが、学園バトル漫画のパロディ新路線だな。

ただ、時空圧エネルギーの設定は、時間をかけて、つまり努力でなんとかしている成果を短縮して得ている。つまり根性の力だ。
となれば、今後は時間をかけてもなんともならないことが壁になる。
「お前の背はもう伸びない!」
「俺たちの愛は変わらない!」
「20年かけてもここまではたどりつけない!」
とか。

安易に考えれば、恋愛や友情など人の心は時間をかけても変わらない、
となるだろうが、そこは3から4週目のバトル漫画。
時間をかければ永遠の愛だって変りうる、と言い切るだろう。

出だしでスベってる感はあるものの、スベリ芸としてリカバーして、続きも読みたいものなぁ。
計算か? 未来人だけに、予想されてたか?

漫画の「あるべき」展開を愛して、考えつくして、それから覆すという作風の人が、
こんがらがった超能力バトルをどう見せる(見せ続ける)のかな。

アスカ@未来系 1 (サンデーGXコミックス)アスカ@未来系 1 (サンデーGXコミックス)
(2009/07/17)
島本 和彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/600-c1507a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。