04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
じゃあ続けようか「3月のライオン」(羽海野チカ)3
2009/08/15 [Sat]09:19
相変わらず賑やかな誌面だ。モノローグが目に飛び込んで来る。

本気で将棋と向き合おうとした桐山くん、試練の巻。
そうだよなぁ。あのまま天才ぶりを発揮してしまったら、成長譚にならない。
「目覚めろ、俺の棋力!」で済んだら物語は要りませんよ。

帯にも「充実の第3巻」とあるが、まさに充実。
逆にいうと、桐山君の孤独や生き甲斐、お義父さん、実家などのテーマは一向に進まない。

そうだよなぁ。将棋に前からぶつかったらなんでも解決してしまったら、ドラマにならない。
「将棋があるから僕は僕なんだ!」で済んだら伏線は要りませんよ。

焦った末に迷走し、「本当に将棋でいいのか?」と迷うのは男の子だからかな。
無自覚に、無邪気に「将棋で生きる!」と割り切れたらどんなに楽だろう。


で、ここからようやく、本道のようだ。
恋愛と将棋の両方で、軽く自分を凌駕する大人の男が目標となっている。
本当に目標はソコでいいのか?
とりあえず、居所を見つける、確保するところから。
じっくりしてるなぁ。やはり充実の3巻だ。


ところで、テンペストは「嵐」の意味なんだけど、封印の静穏さとはまた違うような。
T田氏、嵐をもって暴走を鎮めるって意味、か?

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
(2009/08/12)
羽海野 チカ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
主人公は~
「壁にぶち当たらなければならない」

そうでなければスーパーヒーローのまま
物語は進んでいくからね。

「島田強かったろ?A級なめんなよ」

の宿敵?後藤さん。いい味だしてる。

奥さん入院中?・・・長期療養中?

ワイルドでバイオレンスさを滲み出す背景には

妻への「愛」が・・・。

どことなく極悪風を見せながら、じつは一途な

愛妻家の後藤氏・・・そんな、描かれては居ない

裏を汲み取ってしまう「羽海野ワールド」。

涙腺が弱くなっている自分にはなかなか・・・。

【2009/08/17 03:48】
URL | 森山ネム太郎 #Qlke00As [ 編集 ]

後藤さんと島田さん
どっちもいい男ですねー。
将棋で生活しようなんて人はまともじゃないトコがあっていいというか、そう期待したいです。

後藤さんが家庭的にもパーフェクトだったら、「あしたのジョー」でいうホセ・メンドーサみたい。
主人公にないものをぜんぶ持ってるラスボスにふさわしいですが。

いまいち進まなかったような「充実の3巻」ですが、テーマはちゃんと次に行ってて、読ませるなぁとつくづく。
【2009/08/17 19:03】
URL | dukimochi #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/610-a2a9621f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。