04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
少年マンガだからな!「バクマン。」(小畑健・大場つぐみ)4
2009/08/16 [Sun]10:07
連載獲得に向けて一直線の第4巻。

小さな目標、課題をクリアして行って、一歩ずつ進む。
なんという実直な漫画だ。

主人公たちに十分な才能はあるが、それは作中で絶対的ではない。
おじさんの仕事場に秘密兵器のようなモノ(アイデア集とか)があるわけでもなく、それこそ漫画的に「サイコーが魂を込めた絵を描くとみんな問答無用で感動する」とか、特殊能力があるわけでもない。
おじさんの亡霊が教えてくれるとかな(笑)。

若さに任せて徹夜し、編集者の用意した資料を参照する。
そもそも原作と作画の分業で、さらに資料スタッフも分かれる。
天才でもなんでもなく、泥臭く努力している姿は、よくあるような気もするがなんだか久しぶりに読んだような。

やるべきことをやった人間が報われるのは、気持ちいいな。
なにやってもダメだけどひとつだけ光る才能があって、それでなんとかなってしまうシンデレラストーリーじゃないんだよ。真面目に頑張ってる。

その過程も失敗も描かれているし、悲運に泣くこともある。
もちろん主人公たちが4巻で一定の目標を達成できたのは、運が良かったこともあるよな。ライバルよりも誌面と相性がよかったというだけだ、とも取れる。

目標のためには手段を選ばない。
ライバルたちより頭ひとつ抜けたのは、ライバルたちがまだ手段(漫画を描くことそのもの)に拘泥しているからだな。ましてやコージーなんてさ。
サイコーとシュージンは連載奪取のことをより純粋に考えている。

だから勝てた。これほど腑に落ちて、気持ちいい展開もないぜ。王道だ。古くさいほどの王道だ。

理屈をこねて、連載のために着実に進んでいるつもりでも、結局は自分の信じる漫画しか描けない、出せないってことも裏にあるのかもな。

んー。ジャンプってこんなガツンと来る漫画、載ってるのか。さすが。

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)バクマン。 4 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
連載を追っているので・・・
4巻辺りはまだ・・・こう~上がっているような
気分になりいいのですが、新担当が付いて、
服部さんが担当を離れてからの展開が、

アレ・・・?

アンケート順位の「読み方」みたいになり、
「何週目でこの順位なら~コウだ!!」
みたいな ”How to~" もの色が濃くなって、
「順位争いがどうのこうのなんて見たくないな・・・」

と、思ったところで、本編ではモリタカが病で倒れ、
休載がどうのこうのでクーデター(笑)が起こる
辺りはさすがでしょう。

5巻はあまり万歳気分ではいけませんが、その先の
6巻への期待感はあります。
「やりすぎた」事への修正ならびに計算は感じます。

5巻はやっぱり「つまらない」なりにも、逃亡癖のある
平丸先生が影ながら引っ張っていくと思います(笑)


【2009/08/17 03:36】
URL | 森山ネム太郎 #Qlke00As [ 編集 ]

短期決戦と思ってました
在学中にアニメ化というリミットを設けたスタートだったので、勢いでサクサクいくのかと思いきや、じわじわ。

ジャンプ漫画制作の裏事情が細かいと、好評なんでしょうか。

主人公の必殺技が徹夜ってのはどうかと思ってましたが、しっかり病気になっててヨシヨシです。
地味で懸命で確実な努力を推奨しすぎてる感もありますが、連載できてる時点で十分に夢がある漫画になってますね。
【2009/08/17 18:58】
URL | dukimochi #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/611-df0dd0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。