09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
宇宙ナンパ!「チェリーナイツ」2
2007/04/13 [Fri]02:49
小田原ドラゴンによる童貞物語第2弾。「おやすみなさい」がクリーンヒットだっただけに、今作はややこぢんまり。というか生っぽくて鋭すぎ。次巻で終わるかな?

エロホラ話のエスカレートと崩壊、そして田村の実エロレベルアップ。次からは終わりに向かうか新章に移行せざるをえないヒキ。ちらりちらりと田村に依存する関係になってるしな。天然は場を支配する。
と、田村が、読者の見ているように天然ではない、という可能性もある。別種の、知ってたけど言わないとか、3週遅れの気の使い方をする天然かもしれない。とかそう思うほど田村の非人間的な性格が面白いのだが。


でも毎回がある種の漫才で、ネタが「チェリーナイツ」専用ではない気がする部分もある。思いついたのをサクッと盛り込んだような。2巻にして良い意味でダラダラ続けられないだろうという予感。

見え透いたエロホラ話とその盲信者というのは作者の知人にいて、そこから膨らませている。しかしそのためか登場人物に広がりが出ずに(なにしろ2人とも友だちがいない)、苦しんでいるのかも。

しかしそのまとめベクトルに合わせて、しっかりジャンパーや昔のさびしさ(=田村の存在の貴重さ)を折り込んである技巧っぽさ。小田原世界も漫画制作の童貞ではないのだなぁ。


チェリーナイツ 2 (2) チェリーナイツ 2 (2)
小田原 ドラゴン (2007/04/06)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

はじめまして^^

私の情報サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://fcmike2005.blog100.fc2.com/blog-entry-32.html
です。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/04/13 04:22】
URL | aiai #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/62-82256bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。