04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
頭角をあらわすぞー「思ってたよりフツーですね」(榎本俊二)2
2009/09/11 [Fri]10:58
「ムーたち」の作者が描く青春エッセイコミック。

読んでいる感覚としては、良すぎるテンポに引っ張られる。
コマの大小はあまりなく、枠線の太い細いを使わない漫画なのに、なんでだか「ハイ次、ハイ次」の勢いがあるのだよな。
語りたいネタがあって、それに対して即応して描いたかのようなテンポ。
そのためには話題もズレるし、人物も自由に出入りする。ネタとテンポのための構成なんではないかと。


で、半分以上は現在の日常で、なかなか回想に入らないのだが、そこも含めての味わいだろう。
日常の中からじわりと「漫画通信講座に取り組む」「高校の映研でバカやる」「映画の専門学校に入る」と、青春エッセイが進んでいくのだが、読んでいるうちにどうして回想が遅れたのかはわかる。

恥ずかしいのだ。19、20歳当時の自分の自意識が。
ひょっとして序盤の休載は「そこにたどり着きたくない」党非難ではないかと。
そこにテレがあるために、なかなか入れなかったのではないかと邪推してしまう。

それほどに、専門学校以降の展開はカユイ。
そこをかきむしったところで2巻へ続く(はず)のだから、うまいヒキなんだけども。

でもまぁ、「最悪ここまで」のギャグ漫画家も家族を持って子供をやしなってるんだから、十分すぎる立派さであり、カユい青春と向き合うにはいい頃合い・・・ということか。

本来のギャグ漫画に比べてキレや勢いで勝負する作品ではないけど、違う緊張感のある漫画だな。

でもいちばん笑ったのは「エンドウ編集長の顔」なんだけどさ。あとがきまで読んで爆笑した。1巻まるごと使って(意図的か無意識かはともかく)ギャグを仕込んでたのかよという……。

思ってたよりフツーですね (1)思ってたよりフツーですね (1)
(2009/08/28)
榎本 俊二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/622-e147fa97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。